« 人生意気に感ず「高齢者の新運転免許。ホルムズ海峡は生命線」 | トップページ | 人生意気に感ず「香港のデモと中国の行方。トランプの手腕は何を意味するか」 »

2019年6月18日 (火)

人生意気に感ず「ホルムズ海峡の緊張。拉致家族にトランプの手紙」

◇ホルムズ海峡のタンカー攻撃事件はかつてのオイルショックの悪夢を連想させる。日本の産業も日本国民の日常生活も同海峡を通る原油や天然ガスに依存している。正に、ホルムズ海峡は日本の生命線。日本だけでなく世界の安定と直結する問題である。それ故に、日本の首相が一触即発の米・イランの仲介のために乗り出す意義があった。最高指導者のハメネイ師が安倍首相と握手する裏で、「日本に恥をかかせるため」に攻撃を仕組んだとは思えない。では何者の仕業なのか。イラン国内の反対勢力なのか、米とイランが交渉することを妨害したいイラン国内の勢力なのか。謎は深まっている。一方で、トランプ大統領の怒りは高まり「ホルムズの封鎖は断固許さない」と決意を述べている。

 ホルムズ海峡の緊張の高まりは米中対立にも影響することは明らかである。米中の軍事力の配分から、対中国への比重が変化することが考えられるからだ。いずれにしても日本が自国のエネルギーをホルムズ海峡に頼り過ぎることは許されない。今回のタンカー攻撃事件はこのことを日本に突きつけている。

◇東アジアの緊張が高まる中で私たちが最も心配なのは拉致問題である。被害者家族は「時間がない」としばしば訴えている。余りにも長い時間が過ぎている。私はこの問題につき、私たち国民が知らない水面下で大きな変化が生じているに違いないと思っている。

 それはまず安倍首相が条件なしで金委員長と会うと表明していることだ。問題が差し迫っているだけではないだろう。また、今年5月に行われた米朝首脳会談で金委員長は「いずれ安倍首相に会う」と発言したと言われる。このような状況に加えて15日驚くべきことが報じられた。拉致被害者の家族へのトランプ大統領の手紙である。拉致被害者有本恵子さんの父が大統領に救いを求めたことへ応えたものである。大統領の直筆の手紙の内容は解決に向け尽力することを誓うものであったという。思いつきでツィートすることで知られる大統領であるが、いやしくも一国の大統領が拉致という人権上の最重要課題に関して無責任な手紙を書く筈がない。大きな岩盤が動き出したと思われる。

◇あきれ返る事件だ。特殊詐欺対策に当たった巡査長がその際の情報を悪用して高齢男性から1180万円をだまし取ったとされる。警察官お前もか、嘆くと共に世も末かと思ってしまう。(読者に感謝)

|

« 人生意気に感ず「高齢者の新運転免許。ホルムズ海峡は生命線」 | トップページ | 人生意気に感ず「香港のデモと中国の行方。トランプの手腕は何を意味するか」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 人生意気に感ず「高齢者の新運転免許。ホルムズ海峡は生命線」 | トップページ | 人生意気に感ず「香港のデモと中国の行方。トランプの手腕は何を意味するか」 »