« 人生意気に感ず「トランプ大統領が大相撲に。そして令和天皇に会う意味」 | トップページ | 小説「死の川を越えて」第193話 »

2019年5月18日 (土)

小説「死の川を越えて」第192話

安田大臣の一行は湯の沢集落に入った。大臣にはハンセン病の人たちが暮らす集落の実態を見たいという決意があった。安田の胸には故郷熊本本妙寺のハンセン病の集落の姿があった。

「こんなに多くの家々があるのですか。商店も旅館もある。あれは郵便局ではないか。これら一帯がみなハンセン病の人々の町なのか。整然として、無法地帯ではない」

 これを聞いて待っていたとばかりに木檜は説明する。

「はい大臣。選挙で区長を選びます。税金も納めているのです。かなりの識者が集まっていまして意識も高いのです。世界広しと言えど、このような所はありません。日本の文化の高さ、文明の高さを示す象徴です。更に大臣が驚かれることがございます」

「ほほー。それは何か」

「すぐに分かります」

 しばらく進んで内務大臣は一点に目を止めた。

「何じゃ、これは。湯川生生塾とある」

 直ちに木檜は言った。

「驚かれることとはこれです。現代の松下村塾でございます。子どもを教え、志ある大人たちに先生が難しい政治や歴史を易しく説いて教えているのです」

「驚きであるな。立ち寄っても構わんであろうか」

「現職の大臣がここに立ち寄ったとなれば、末代までの語り草となります。ところで、周りの役人の皆さんが心配の目付きですがそれは無用です。この塾に集まる人は、今、病気は出ておりません」

「は、は。見損なうでない。これでも私は、済々黌(せいせいこう)で学んだ肥後もっこすだ。恐いものなどあるものか」

「いや恐れ入りました。正助君、それでは」

 木檜は後方にいた正助を招いて何やら囁いた。正助は走り込んで行ったがすぐに現われて大臣を招き入れた。

 

※土日祝日は中村紀雄著・小説「死の川を越えて」を連載しています。

|

« 人生意気に感ず「トランプ大統領が大相撲に。そして令和天皇に会う意味」 | トップページ | 小説「死の川を越えて」第193話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 人生意気に感ず「トランプ大統領が大相撲に。そして令和天皇に会う意味」 | トップページ | 小説「死の川を越えて」第193話 »