« 人生意気に感ず「駒場同窓会の話題。青春の熱き思い出」 | トップページ | 人生意気に感ず「米中対立の行方と日本の役割。中国の認知症の現実」 »

2019年5月23日 (木)

人生意気に感ず「即位パレードの危機。狂気の自爆テロ。ふるさと塾で令和を」

◇天皇即位パレードのコースが発表された。即位は10月22日。皇居から赤坂御所までの4.6キロを約30分でオープンカーは走行する。両陛下は、新調のトヨタのセンチュリーに乗られる。当日は特別に休日になる。

 沿道は空前の人出になるに違いない。無事に済むことを神に祈るばかりである。テロが心配である。隙だらけの日本に、これまでテロが発生しないことが不思議に思われる。

 4.6キロ、30分を守るための対策に警察など治安当局は最大限神経を使っているはず。一個の爆竹が鳴らされただけで、一本のいたずら電話で、大混乱に陥る可能性がある。この行事は、治安対策の上で来年のオリンピックの前哨戦ともいえるが、平和国家日本を象徴する行事であることを考えると、その重大性は測り知れない。正に日本が試されている。世界の注目が注がれている。

◇スリランカの同時多発テロから1か月が過ぎた。250人以上が犠牲となった悲惨な事件は何を意味するのか。犯行は「イスラム国」の仕業とされる。シリアとイラクで勢力を誇っていた「イスラム国」は今年3月壊滅したがそのメンバーは世界に散って再起を期していると言われる。彼らは現在、世界の各地に支配地域である「州」の設立を図っている。彼らの脳髄に迄食い込んだ狂気の思想は自爆テロを平然とやってのけるのだから、恐ろしい。「イスラム国」の最大の敵はアメリカだった。同盟国日本もアメリカと同一視して標的にすると表明していた。「イスラム国」の残党が日本を狙うのは当然と見なくてはならない。

 アメリカの大統領トランプが間もなくやってくる。大相撲の千秋楽に国技館に登場し、27日には天皇に会見する予定だ。「イスラム国」の残党にとって、天皇即位のパレード、そしてトランプの動きは最大にして絶好のチャンスと思うだろう。「令和」には格調のある平和という意味が込められている。令和のスタートに当たり令和が試練の時を迎えている。

◇今月の「ふるさと未来塾」は「滅亡に向かうのか令和」をテーマにする。25日(土)6時半、いつも通り市の総合福祉会館である。人口減少は止まらず人手不足は加速し、認知症患者700万人の時代が迫る。このまま有効な手を打てなければ、日本は底なし沼に沈み込んでいく。明治の人口は今より遥かに少なかったという人がいるが、人間の質が違う。心の無い若者が支配的となり日本は内部崩壊の危機にある。(読者に感謝)

|

« 人生意気に感ず「駒場同窓会の話題。青春の熱き思い出」 | トップページ | 人生意気に感ず「米中対立の行方と日本の役割。中国の認知症の現実」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 人生意気に感ず「駒場同窓会の話題。青春の熱き思い出」 | トップページ | 人生意気に感ず「米中対立の行方と日本の役割。中国の認知症の現実」 »