« 人生意気に感ず「シベリア強制抑留の記事から学ぶべきこと」 | トップページ | 人生意気に感ず「トランプ大統領が大相撲に。そして令和天皇に会う意味」 »

2019年5月16日 (木)

人生意気に感ず「無思慮な国会議員の発言。平和憲法は北方領土交渉の援軍。大麻問題が問うもの」

◇新聞の記事に刺激されて「望郷の叫び」の中の一場面を書いたら反響があった。やはり多くの日本人にとってシベリアは深刻な課題になっていることを窺わせる。ロシアは恐い国なのだ。日本の敗戦に際し、当時のソ連は北海道の半分を要求したと言われる。もしそれが実現していたら、北方領土の現状からして想像するだけでも大変な事態が続いていたに違いない。

◇丸山衆議院の発言が波紋を引き起こしている。丸山氏は、北方領土の国後島交流に参加して、北方領土問題に関し「戦争しないとどうしようもない」と発言した。国会議員としていかにも配慮を欠いた発言である。日本としては、ロシアという国の実態を冷静に見詰めた上で外交交渉によって忍耐強く解決の道を探るほかはない。現在、複雑な国際情勢の下で、交渉は微妙な段階にあると思われる。政治の舞台では火消に躍起になっている。この議員が所属する維新の党は除名処分を決定し、菅官房長官は「誠に遺憾」と不快感をあらわにした。

 丸山衆院議員の発言は、国会議員の質を窺わせるものである。この人は日本国憲法の本質をどのように理解しているのであろうか。平和憲法の存在は北方領土問題に関して重要なポイントになっている筈だ。なぜなら米ロの対立構造の中で、北方領土の返還がアメリカに有利に働き、ロシアの不利になることをロシアは懸念しているからだ。戦争をしない平和国家日本への返還ということがロシア政府が国民を説得する上で重要なのである。

 私たちは、平和を高く掲げる日本国憲法の存在が北方領土交渉に於いて大きな援軍となっていることを知るべきである。仮に日本が憲法を改正して昔の軍国主義の方向に戻るという誤解を与えるなら、ロシアの態度は硬化するに違いない。

◇大麻の問題が若者の間で深刻になっている。享楽の世相が広がる中で、亡国の薬物を食い止めなければならない。最近の摘発者の特徴はその半数以上が29歳以下の若者であることである。摘発数の下に暗黒の世界が広がっている不気味さを感じる。「他人に迷惑をかければ薬物使用は個人の自由」という考えが広がっていると言われる。個人は社会と繋がっている。個人が依存症になっていくことは他人の迷惑に結びついている。他人に迷惑をかけない薬物使用など有り得ないのだ。(読者に感謝)

|

« 人生意気に感ず「シベリア強制抑留の記事から学ぶべきこと」 | トップページ | 人生意気に感ず「トランプ大統領が大相撲に。そして令和天皇に会う意味」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 人生意気に感ず「シベリア強制抑留の記事から学ぶべきこと」 | トップページ | 人生意気に感ず「トランプ大統領が大相撲に。そして令和天皇に会う意味」 »