« 人生意気に感ず「人権の碑完成近し。ふるさと未来塾で楫取を」 | トップページ | 人生意気に感ず「スリランカの悲劇は広がる。交替する中国大使。人権の碑は」 »

2019年4月24日 (水)

人生意気に感ず「国際テロに怒り。日本が狙われる。目の前にスリランカの少女が。死者の中には日本人も一人」

◇死者321人、負傷者500人以上。スリランカのテロの惨状である。ほとんどが自爆テロらしい。信じ難い。スリランカ政府は国際的なネットワークが背景にあるとの見方を示した。また、イスラム過激派による教会襲撃の情報があり、それを生かせなかったことも報じられている。IS(イスラム国)は壊滅したとされている。しかし、本拠地だったシリアやイラクから脱出した残党が東南アジアなどには多くいて、彼らはISの思想に忠誠を誓っていると言われる。過激なイスラム教徒は異教徒の殺戮を聖戦と信じて自らの命をかける。

 スリランカではかつて内戦があったが、それが終決して10年、平和と経済成長を続けていた。油断があったのではなかろうか。狙われたホテルやキリスト教会ではテロ対策は一切なかった。私は、これが日本だったらと直ぐに思った。日本は最も安全な国の一つと言われている。実際地下鉄サリン事件までは、「奇跡的」に安全な国と言われてきた。日本はテロを狙う組織から見れば隙だらけの国である。今回の事件で、日本の治安当局は大きな衝撃を受けた筈。ISは、かつて日本も標的であることを表明していた。最大の敵、アメリカと一体の国と見ているからだ。今回のような国際的な組織に狙われたら日本は防ぎきれない。しかし起きてからでは遅い。最大の対策を立てねばならない。日本では、巨大災害が近いことがしきりに警告されている。しかし、それと同じように警戒すべきことは、今回のようなテロである。

◇22日、日本アカデミーに於ける留学生対象の私の講義は大変うまくいった。入学後初めての若者たちであった。激怒はしないと誓うと共に、準備して臨んだ。ホワイトボードいっぱいに若者たちの目の前で、当日の授業の粗筋を書いた。

「日本は今、大きな変化の時に立っています。元号が間もなく平成から令和になります。来年は東京五輪です。また大きな災害が確実に近づいています。今最も大切なことは世界の平和です」

 元号の文字を赤く囲んで説明してから、パワーポイントで、「昭和天皇」、「皇太子、美智子さんの御成婚」、「現皇太子夫妻の姿」などを説明。そして、それぞれの場面で使う日本語を解説した。平和の話になった時、目の前の少女の表情に気になるものを感じた。「どこの国から?」「スリランカです」「家族は?」「大丈夫でしたが・・・」

 スリランカの現実が目の前にあることを感じた。(読者に感謝)

|

« 人生意気に感ず「人権の碑完成近し。ふるさと未来塾で楫取を」 | トップページ | 人生意気に感ず「スリランカの悲劇は広がる。交替する中国大使。人権の碑は」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 人生意気に感ず「人権の碑完成近し。ふるさと未来塾で楫取を」 | トップページ | 人生意気に感ず「スリランカの悲劇は広がる。交替する中国大使。人権の碑は」 »