« 人生意気に感ず「中国大使館の群馬の五葉松。友情と絆の真の意味は」 | トップページ | 人生意気に感ず「術後は良好。チュックボウルの世界大会。帰ってきたおばあさん。人権の礎」 »

2018年7月19日 (木)

人生意気に感ず「正に焦熱地獄。地球が一つになって力を。受動喫煙防止」

 

◇凄まじい暑さ。愛知県では小1が熱中症で死んだ。多くの人が緊急搬送されている。地球温暖化が原因に違いない。焦熱地獄という言葉がある。人間がかつて想像したことが現実化しつつある。想像したことは必ず実現されると言われるが、昨今の状況はそれを示す。

 

「熱中症弱者」という言葉が定着しつつある。65歳以上の高齢者や乳児たちである。ともに体温調節機能が低いのだ。乳幼児は別にして、現代人は便利さに慣れて身体機能が低下している。抵抗力が落ちているのだろう。宮沢賢治は言った。「日照りの夏はおろろ歩き」と。それも昔のことで、私たちは日照りは過酷となるにも拘わらず、おろおろ歩くことはなくなった。この先焦熱地獄は増々現実化し、人間のパワーは落ちる。これも高齢少子社会に立ちはだかる巨大な壁である。

 

◇地球温暖化の影響はもとより、日本だけではない。周りを海で囲まれ、自然豊かな日本は比較的に影響が小さいのだろう。地球温暖化に直面して、地球は一つという感を高める。

 

◇今、地球の危機に直面して、最大の妨げは自国第一を掲げる偏狭な考えである。世界は一つという価値観を支えるのは人間尊重の民主主義の理念である。その盟主はアメリカであった。アメリカ国民がトランプ大統領を選んだことはアメリカにとって、更に地球にとって不幸なことであった。このことが、最近の世界情勢の中で増々明らかになってきた。

 

 アメリカファーストを訴えたトランプはトランプファーストを露骨に叫び出した。その一つがプーチンとの対話である。ロシアは、前回のアメリカ大統領選で国を挙げて干渉したと言われる。そのお陰でプーチンは当選できたとも言われる。事実とすれば、これほどアメリカにとって不名誉はないし、民主主義という普遍的価値を傷つけるものはない。この点をしっかり主張することがトランプの責務だった筈。トランプの記者会見は惨めだった。与党共和党の議員まで「これほどみじめに大統領の地位をおとしめた米大統領はいない」と酷評した。米大統領の軽さを喜ぶ勢力は少なくない。トランプとぴったりで点数を稼いだと見られてきた安倍首相はしっかりしなければならない。

 

◇18日、受動喫煙防止法が成立した。多くの人が集まる建物内を罰則付きで原則禁止とす。時遅きに失した感が。健康を脅かす暴力だった。(読者に感謝)

 

 

 

|

« 人生意気に感ず「中国大使館の群馬の五葉松。友情と絆の真の意味は」 | トップページ | 人生意気に感ず「術後は良好。チュックボウルの世界大会。帰ってきたおばあさん。人権の礎」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人生意気に感ず「正に焦熱地獄。地球が一つになって力を。受動喫煙防止」:

« 人生意気に感ず「中国大使館の群馬の五葉松。友情と絆の真の意味は」 | トップページ | 人生意気に感ず「術後は良好。チュックボウルの世界大会。帰ってきたおばあさん。人権の礎」 »