« 人生意気に感ず「初会談で世界は変わるか。暗黒街の独裁者は一変世界の英雄に」 | トップページ | 人生意気に感ず「拉致家族の発言。拉致と日本人の心。へいわの講座は46回に」 »

2018年6月14日 (木)

人生意気に感ず「日朝会談の真の行方は。金正恩は新世界に進めるのか」

 

◇日朝会談の成果をどうみるか。虚虚実実の駆け引きがあったに違いない。色々な見方ができるが、金委員長が有利だったと思う。なぜなら追い詰められて失うものがないからだ。体制の保障を求めて必死だった筈だ。

 

「思い直せば楽しい世界」という歌の文句がある。安倍首相が言っていた、「正しい道を歩めば素晴らしい未来が開ける。日本はそれに協力する」と。

 

 だから、私は金委員長は今回素晴らしい決断を下したと思う。国民を飢えさせて核を開発した。それは本来悪魔の武器で、持つ価値のないもの。捨てるべきものだ。それなのに、捨てることによってこの上ない代償を手にいれることができる。

 

 昔、私の中学生の頃の教科書には北朝鮮が南に比べて工業が発達していることが書かれていた。ところがその後の政治制度の違いによって、北はすっかり時代の流れから外れ、取り残された国になってしまった。私たちは、政治のかじ取りがいかに重大であるかを朝鮮半島の南北両国の比較に於いてまざまざと見せつけられてきた。

 

 北には、大きな人的、物的資源がある。核を捨てて世界の通常の国々の仲間入りをすればその資源を使って素晴らしい変身を遂げる可能性は大きいに違いない。

 

 しかし、北朝鮮が核を全て捨てるまで、事態は順調に進むのか大きな不安がある。今回、アメリカが非核化に期限を付けなかったこと及び非核化の過程をどう検証するかにつき明確に出来なかったことは残念である。完全な非核化には長い時間がかかると言われている。この間に情況がどう変化するか分からない。従来の北朝鮮の数々の言動を見ていると、また騙されたという結果にならないか全世界が注目する点である。非核化、平和という理想に向けての大きな動きは確かであるが故に、その先の流れを性善説に立って考えてしまう。性善説が通用しない相手であることを忘れてはならない。

 

◇米朝の会談全体が濃い霧に包まれているようだ。それだけに「拉致」が心配である。日本人拉致のことは核と比べ取るに足らない小さな問題だという見方がある。多くの日本人が暴力で拉致されたことは日本の主権の侵害であり人権問題の極致なのだ。非核化に期限を付けなかったことは拉致の解決が遅れることを意味するのか。(読者に感謝)

 

 

|

« 人生意気に感ず「初会談で世界は変わるか。暗黒街の独裁者は一変世界の英雄に」 | トップページ | 人生意気に感ず「拉致家族の発言。拉致と日本人の心。へいわの講座は46回に」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143329/66828473

この記事へのトラックバック一覧です: 人生意気に感ず「日朝会談の真の行方は。金正恩は新世界に進めるのか」:

« 人生意気に感ず「初会談で世界は変わるか。暗黒街の独裁者は一変世界の英雄に」 | トップページ | 人生意気に感ず「拉致家族の発言。拉致と日本人の心。へいわの講座は46回に」 »