« 人生意気に感ず「田中正造の政治姿勢とは。その今日的意味。川俣事件とは」 | トップページ | 小説「死の川を越えて」 第69話 »

2018年4月14日 (土)

小説「死の川を越えて」 第68話

 

七、再会

 

 

 

 段取りが進んでいたらしく、正助の身は日本軍の部隊に移され、一応の取り調べを受け、軍の病院に入ることになった。病院で検査を受けたところによると、正助の傷はかなり深刻であった。弾丸が貫通した太ももの機能は回復しておらず、従軍して重労働に従事するのは無理と判断された。また、正助が長いこと抱えているハンセン病について、これ迄、厳密に軍の手で検査を受けることはなかったが、この入院で正式に調べられた。その結果、病状の進行はないがハンセン病の患者を軍に置くことは出来ないということになった。これらの事情で、正助はひとまず軍を除隊し本国に帰ることになったのである。意外な展開に正助は驚いた。不名誉と思う一方で、古里の山河が浮かぶ。さやとわが子、正太郎に会える。先日までのことを思うと激しい変化に戸惑うばかりであった。

 

 正助はさやに手紙を書いた。「正太郎は元気に成長していますか」。そう語りかける紙面に元気な男の子の顔が浮かぶ。「怪我をして帰ることになったが命に別状はないから大丈夫です」と書き、ウラジオストクのハンセン病の集落の人に助けられたこと、脱出の時の海底洞窟の不思議な冒険、京城のハンセン病の集落のことなどに触れ、「詳しくは帰ってから話すから楽しみに待っていておくれ、万場先生や権太たちにも宜しく伝えて下さい」と結んだ。さやの喜ぶ顔が見えるようだ。正助の心は早くも古里に飛んでいた。

 

 正助が、他の送還される兵士と共に福岡の港に着いたのは、ある秋の日のことであった。踏み締める大地も町の家並みも正助を温かく迎えているようであった。

 

 

 

※土・日・祝日は、私の小説「死の川を越えて」を掲載しています。

 

|

« 人生意気に感ず「田中正造の政治姿勢とは。その今日的意味。川俣事件とは」 | トップページ | 小説「死の川を越えて」 第69話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小説「死の川を越えて」 第68話:

« 人生意気に感ず「田中正造の政治姿勢とは。その今日的意味。川俣事件とは」 | トップページ | 小説「死の川を越えて」 第69話 »