« 小説「死の川を越えて」 第48話 | トップページ | 小説「死の川を越えて」 第50話 »

2018年2月11日 (日)

小説「死の川を越えて」 第49話

 

〈さやちゃんと、大切なことを共有することが出来た〉。正助はこう思うと、離れていてもさやと共に生きる力が体の底から湧き上がってくるのを感じた。

 

「小河原先生は、人の体は小さい細胞というもので出来ている。遺伝は、この細胞の中にあるものが伝える。らい菌はこの細胞とは別のものと、絵を書いて説明して下さいました。正さん、私に難しいことは分かりませんが、この先生のおっしゃることは、もう絶対に間違いないと思えるのよ」

 

〈その通りだ。さやちゃん。同感だよ〉

 

正助は心につぶやいた。

 

「そして、小河原先生はきっぱりとおっしゃいました。感染率が非常に高いというのは迷信だ。近い将来、ハンセン病は撲滅される、ハンセン病の撲滅は人間の回復だ、と。正さん、私が最もお知らせしたいことはこの点です。そうですね、正さん」

 

「その通りだ、さやちゃん」

 

正助は叫んでいた。

 

「正さん、私は小河原先生に会った時、赤ちゃんを産む決心が出来ました。もう、反対の理由はありませんもの」

 

正助の目の前に瞳を輝かしたさやの姿がある。正助は目の前に浮かぶさやに、満面の笑みを投げかけた。

 

 そして、さやの文章は続く。万場老人の縁者が住むふもとの里の枯れ木屋敷で家事と農業を手伝いながら産み月を迎えて、無事男の子を産んだとある。

 

「元気な男の子。どこにも異常はなく、正さん、目があなたにそっくりなのよ。名は万場老人が正太郎と名付けました」

 

紙面からさやの声が聞こえてくるようであった。

 

「さやちゃん、やったあ。万歳」

 

正助は両手をあげて大きな声で叫んだ。興奮の中で改めて紙面に視線を落として、正助ははっと息を呑んだ。紅葉の絵かと思ったのは、赤ちゃんの手のひらではないか。

 

〈ふふ、正太郎の手よ〉。さやの明るい声が聞こえるようであった。

 

「さやちゃん、正太郎、待っていておくれ。必ず生きて帰るから」

 

正助は、さやと未だ見ぬ我が子の姿を瞼に描いて呼びかけた。

 

 

 

※毎週火・木は、上毛新聞連載中の私の小説「死の川を越えて」を掲載しています。

 

 

 

|

« 小説「死の川を越えて」 第48話 | トップページ | 小説「死の川を越えて」 第50話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143329/66374050

この記事へのトラックバック一覧です: 小説「死の川を越えて」 第49話:

« 小説「死の川を越えて」 第48話 | トップページ | 小説「死の川を越えて」 第50話 »