« 人生意気に感ず「すわ、戦争か。狂気の独裁の恐怖。それでも平和ぼけ。栃木の女児殺害事件に動き」 | トップページ | 人生意気に感ず「県立女子大の学長選に参加して。有頂天の金正恩と日本人の覚悟」 »

2017年8月31日 (木)

小説「死の川を越えて」  第6話

 

仁助が湯の川地区から姿を消して数日が過ぎたある日、馬を引いた仁助が福島県の山村の一軒の農家に近づいた。秋の日は既に西の尾根にかかり、農家を囲む森が長い影を落としていた。仁助がわら屋根の農家に近づいた時、彼の前に進み出た人影があった。

 

「こら、どこへ行く」

 

「どこへ行こうと勝手ではねえですかい」 

 

どすのきいた声と鋭い眼光に驚いた様子の男は、これが見えぬかとばかりに腰に下げたサーベルを動かした。

 

「へえ、管区さんかね。そんなものをちらつかしたって、びくつく俺様じゃねえ、それに何も悪いことはしちゃいねえ。弱い者いじめの管区さんが何の用でえ」

 

「怪しいヤツだ。ちょっと署まで来い」

 

 巡査はそう言って仁助の腕をつかもうとした。

 

「何をするんでい。冗談じゃねえ。俺たち虫けらにも意地があるんですぜ。ちょっとおとなしくしてもらおうじゃねえか。えいっ」

 

 仁助の口から裂帛の気合いが漏れたと思うと、当て身をくらって巡査は崩れ落ちていた。

 

「ざまあみやがれ」

 

 仁助はつぶやいて巡査に猿ぐつわを噛ませ縄で縛り、側の納屋に引きずり込んでしまった。あっという間の出来事だった。

 

 仁助はつかつかと農家に入っていった。外の争いを感じてか、中は異様な空気で満ちていた。仁助は言った。

 

「あんたがこの家の主ですかい。大変なことになっているそうですな。ある男から聞きました。六蔵と言えば分かると言っていた」

 

「おお、六さんが」

 

 主人は怯えた表情で後ずさった。

 

 

 

※毎週火・木は、上毛新聞連載中の私の小説「死の川を越えて」を掲載します。

 

|

« 人生意気に感ず「すわ、戦争か。狂気の独裁の恐怖。それでも平和ぼけ。栃木の女児殺害事件に動き」 | トップページ | 人生意気に感ず「県立女子大の学長選に参加して。有頂天の金正恩と日本人の覚悟」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小説「死の川を越えて」  第6話:

« 人生意気に感ず「すわ、戦争か。狂気の独裁の恐怖。それでも平和ぼけ。栃木の女児殺害事件に動き」 | トップページ | 人生意気に感ず「県立女子大の学長選に参加して。有頂天の金正恩と日本人の覚悟」 »