« 今、みる地獄の戦場 -ニューギニア慰霊巡拝の旅― 第22回 | トップページ | 人生意気に感ず「少女殺害犯を追い詰める包囲網。小池知事、ハンセン病施設を。差別と人間の本性」 »

2017年4月 3日 (月)

人生意気に感ず「女性大統領の天国と地獄。雪崩事故と人命尊重の原点」

 

 ◇天国と地獄とは正にこのこと。韓国の女性元大統領朴槿恵(パククネ)が逮捕され留置所に。韓国メディアは逮捕後、10分程度涙を流したと報じた。特別扱いは独房の広さが普通の2倍ということだけ。初の女性大統領から一挙に罪人に落ちた。女の涙に弱い私は個人的には同情を禁じ得ない。韓国の民主主義の特殊性が現われている。 

 

◇韓国では歴代の大統領の多くが悲劇の結末で終わっている。強大な権限を不当に行使した結果である。朴槿恵の父朴正煕(パクチョンヒ)は極端に強権を行使して人権を弾圧した為、結局暗殺された。全斗煥(チョンドファン)は反乱、内乱罪で大統領在職中に逮捕され無期懲役、盧泰愚(ノテウ)も大統領在職中に逮捕。これは政治献金を不正に得た罪である。今回の朴氏は有罪なら懲役10年以上になる可能性。なぜかくも悲劇が繰り返されるのか、対岸の私たちには不思議である。

 

 制度的に適切にコントロールされない強大な権力。甘い汁に群がる人々、権力を握った時の人間の弱さなどが原因であろう。このような韓国と北の独裁政権が、同一民族で朝鮮半島支配の正当性を争っている。韓国は三権分立が生きていて、例え大統領でも逮捕される点で民主主義が生きている。国民を飢えさせて核開発に狂奔している北朝鮮に正当性を主張する大義はない。

 

 時あたかも、米韓の両軍は、北朝鮮に上陸するための史上最大と言われる軍事演習を行っている。孤独の独裁者金正恩(キムジョンウン)の心境に興味が湧く。

 

 自らが命じて殺させたと言われる金正男(キムジョンナム)の遺体が遂に北朝鮮に返される。正恩は兄の遺体をどう扱うのか。儒教の国である。

 

◇雪崩による8人の犠牲は「想定外」では済まされない状況に増々なってきた。林野庁は」雪崩危険地域に当たると判断していた。これは、防災対策に活用されるため栃木県の地域防災計画にも記されていた。高体連はこの国有林の入林届をしなかった。森林管理部では届出があれば注意喚起出来たと話している。

 

 次々に事故対策の不備が明らかになってきた。雪崩の危険性を調べるための「弱層テスト」を実施していなかった。以前は訓練前に必ず実施していたという。実施していれば雪崩を予測出来た可能性が高い。自然の脅威を忘れ、人命の大切さを軽視した結果である。関係者は責任の重大さに怯え生きた心地もないだろう。(読者に感謝)

 

|

« 今、みる地獄の戦場 -ニューギニア慰霊巡拝の旅― 第22回 | トップページ | 人生意気に感ず「少女殺害犯を追い詰める包囲網。小池知事、ハンセン病施設を。差別と人間の本性」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人生意気に感ず「女性大統領の天国と地獄。雪崩事故と人命尊重の原点」:

« 今、みる地獄の戦場 -ニューギニア慰霊巡拝の旅― 第22回 | トップページ | 人生意気に感ず「少女殺害犯を追い詰める包囲網。小池知事、ハンセン病施設を。差別と人間の本性」 »