« 人生意気に感ず「女性大統領の天国と地獄。雪崩事故と人命尊重の原点」 | トップページ | 人生意気に感ず「ロシアの地下鉄テロ。テロ等準備罪。五輪に備え、地方の役割」 »

2017年4月 4日 (火)

人生意気に感ず「少女殺害犯を追い詰める包囲網。小池知事、ハンセン病施設を。差別と人間の本性」

 

 ◇少女の遺体が母国ベトナムへ運ばれて行った。父は死ぬ程辛いと言っている。私は多くのベトナムの留学生と接しているが、彼らは日本を礼節の国、最も安全で美しい国と尊敬している。ベトナム戦争で傷ついた国は逞しく立ち上がって復興を果たし、大変な親日国である。少女を犠牲にした卑劣な事件はいかにも残念。リンさんに、その家族に、ベトナムの人々に申し訳ないと思う。 

 

◇少女をターゲットにした犯罪が絶えない、私が県会議員の時、群馬と栃木にまたがっていくつもの幼女殺害、あるいは連れ去り等の事件が起きた。いずれも未解決である。抵抗出来ない弱い力を守るために根本的な対策が必要である。また、最大の犯罪対策は犯人を必ず逮捕さることである。最近は最新のメカが威力を発揮している。防犯カメラ、ドライブレコーダーなどで今回の犯人に対する包囲網は水面下で狭まっているのではなかろうか。

 

 今回、女児の背後から近づく不審な人物がドライブレコーダーに映っていた、土地の状況を良く知った男かも知れない。現代社会はどす黒い欲望が渦巻くジャングルである。牙をむく野獣は必ず捕えなければならない。息詰まる捜査活動の成り行きを冷静に見つめたい。

 

◇小池都知事がハンセン病施設を訪れた。人権無視の司法の在り方につき。先に最高裁が謝罪し、最近は最高検が謝罪した。差別と偏見による人権侵害の象徴が過去のハンセン病対策であった。無知と誤解が差別と偏見を生む。

 

 小池知事が訪れたのは多磨全生園。知事は「いまだに残るハンセン病への差別や偏見をどのようになくすかが今なすべきこと」と述べた。「いまだに残る」とは正に事実。差別は人間の心に潜む本性である。

 

 かつて白人は肌の色によって人間を差別した。白が頂点で、褐色、黄色とランク付けし黒は人間とみなさなかった。数百年も続いた悲惨極まりない奴隷貿易はアフリカの黒人を動物と同じように見なした結果である。私はかつてフランスの貴婦人がベトナム人に豆を投げる姿をニュース映像で見た。ディエンビエンフーの戦はベトナム人が意地を示したもの。私は今、上毛新聞に「死の川を越えて」を書いている。10回毎に原稿を渡すが、今「重監房」に入った。私を駆り立てる動機は差別と偏見に対する憤りで、私を支えるものは憲法の人権思想である。(読者に感謝)

 

|

« 人生意気に感ず「女性大統領の天国と地獄。雪崩事故と人命尊重の原点」 | トップページ | 人生意気に感ず「ロシアの地下鉄テロ。テロ等準備罪。五輪に備え、地方の役割」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人生意気に感ず「少女殺害犯を追い詰める包囲網。小池知事、ハンセン病施設を。差別と人間の本性」:

« 人生意気に感ず「女性大統領の天国と地獄。雪崩事故と人命尊重の原点」 | トップページ | 人生意気に感ず「ロシアの地下鉄テロ。テロ等準備罪。五輪に備え、地方の役割」 »