« 人生意気に感ず「俳優の強姦致傷。凶悪な少年事件。みかじめ料要求事件」 | トップページ | 小説「楫取素彦物語」第156回 »

2016年8月26日 (金)

人生意気に感ず「猛烈な10号。16歳の殺人。ネコを焼き殺す女。水の惑星発見。高畑の母」

 

 ◇日本列島を地球規模の怪物が狙っている。台風10号である。こんなことがあるのだろうか。長期に居座り、30度の海面から無限のエネルギーを吸収して巨大化した怪物。向きを変えて南西に動き、意志あるように日本を目指し始めた。25日、「強い」から「非常に強い」に。27日、最大ランクの「猛烈な」に変化、30日には本州に向かう。スーパーコンピューターはこう予測した。 

 

 新たな異常気象時代の幕開け。瞬間最大風速60mなどという事態が常態化するのか。自然の大乱は、人間界の天下大乱と呼応するかのようだ。

 

◇16歳の少年が殺人で逮捕された。「メールを無視された」などと動機を語る。複数の子どもたちが暴行に参加した。凄惨なリンチの地獄絵が想像される。先日は、生きたネコを焼き殺し動画に流した若い女性が動物虐待で逮捕された。彼女の心の闇には何が棲むのか。日本人の心に変化が起きている。礼節の国日本、サムライの国日本が遠ざかっていく。

 

◇宇宙時代が進む中で、はっとするような情報が。わずか4光年の所に、地球に似た水の存在が確からしい惑星が発見された。

 

「プロキシマロ」と名付けられた惑星は重さが地球の1.3倍。恒星の回りを約11日で公転。水が存在するなら生命の可能性がある。今や、宇宙に生命が存在することは常識となりつつある。温度、水、元素によって、一度生まれた生命は進化の道を必然に辿る。昔、学生時代に、オパーリンの「生命の起源」を読んだ。生命が生じたとしても、精神を持った高度な知的生命体に発展するとは限らない。この地球で、人類に至る進化の過程を導いたものは神であると信ずる人々は依然として存在する。いずれにしても、夢はふくらむ。宇宙が誕生して140億年。膨脹はこの瞬間も続く。近い将来、宇宙人と接触する日が必ず来ると思える。

 

◇イタリアとミャンマーで、共に6・8の地震が。日本の巨大地震が秒読みの時だけに大いに気になる。首都直下型がオリンピックと重なったら大変だ。政府は対策を具体的にとり始めた。外国人を含めた安全確保は、情報の提供、交通手段の確保など課題は山積。東京五輪の成果として求められるのは、メダルの数だけではない。安全、安心、おもてなし。日本の文化の特質の真価が試される。

 

◇高畑の母が会見で「どんなことがあってもお母さんだから」と言った部分は胸に迫った。(読者に感謝)

 

|

« 人生意気に感ず「俳優の強姦致傷。凶悪な少年事件。みかじめ料要求事件」 | トップページ | 小説「楫取素彦物語」第156回 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人生意気に感ず「猛烈な10号。16歳の殺人。ネコを焼き殺す女。水の惑星発見。高畑の母」:

« 人生意気に感ず「俳優の強姦致傷。凶悪な少年事件。みかじめ料要求事件」 | トップページ | 小説「楫取素彦物語」第156回 »