« 随筆「甦る楫取素彦」第127回 | トップページ | 随筆「甦る楫取素彦」第128回 »

2014年9月22日 (月)

人生意気に感ず「朝日は立ち直れるか。拉致被害者の救済」

 

◇「解約があとを絶たない」、「集金で断られる」、昨日朝日の販売関係者が嘆いていた。他紙、週刊誌などの朝日たたきは凄まじい。この問題の本質は何か。朝日だけの問題か。 

 今回の朝日の誤報は「従軍慰安婦強制連行」と「福島原発事故の吉田調書」に関する。新聞の報道によって世論が形成されてしまうのだから恐ろしい。ましてや、朝日の報道の影響は大きい。

 

 職業柄、新聞記者とよく接触する。取材に当る人は若い記者たちである。大新聞を支える基礎がこの人たちなのだと思う。倫理感や責任感が一般に薄れているのが今日の若者たち。若い記者もそういう社会の風潮と無関係ではないだろう。だとすれば、他の新聞も他山の石とすべきだ。

 

 しかし、それにしても、なぜ朝日に目立つのか。今までに社会に衝撃を与えた謝罪記事とし記憶に残るものに、「サンゴ記事捏造事件」や田中康夫長野知事の「取材メモ捏造事件」がある。朝日の責任者は、虚偽のメモは「朝日の構造的な問題」と謝罪で語った。構造的問題はなぜ改められないのか。

 

 欠陥商品は回収されたり、修理の対象になったりする。新聞の誤報は社会の基盤を傷つけ、民主主義を脅かす。構造的問題を改められない原因は、この重大使命に対する畏れを忘れた点にあるのではないか。原発事故が東電があぐらをかいた安全神話に原因があるように、大朝日には、権威と名声にあぐらをかいたことへの反省が足りなかったのではないか。朝日の凋落は日本の凋落を意味する。起死回生を望む。

 

◇北朝鮮の拉致報告が遅れている。どうなっているのか。北は約束を守るのか。日本は見返りを求める計略に乗せられ振り回されるだけなのか。

 

 いったいどれだけの人が拉致されたのか、真相は闇の中だ。北朝鮮出身の知人によると一時期、日本人を拉致した場合、英雄視されたという。たまったものではない。

 

 警察庁は「拉致での捜査・調査対象者」は883人としている。そのうち、政府は17人のみを拉致被害者と認定している。専門家は、17人は氷山の一角、少なくも100人をはるかに超える被害者がいると指摘する。いろいろな意味でタイムリミットが近づいている。被害者にとって一年一年は重い。待つ人は高齢となり、あの世が近づいている。政府の力が問われる。(読者に感謝)

 

|

« 随筆「甦る楫取素彦」第127回 | トップページ | 随筆「甦る楫取素彦」第128回 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人生意気に感ず「朝日は立ち直れるか。拉致被害者の救済」:

« 随筆「甦る楫取素彦」第127回 | トップページ | 随筆「甦る楫取素彦」第128回 »