« 随筆「甦る楫取素彦」第101回 | トップページ | 人生意気に感ず「日本海波高し。ミサイルと拉致。犬は友。スタップ、小保方氏の賭け」 »

2014年6月30日 (月)

人生意気に感ず「ジョン万次郎のこと。花燃ゆ。改正DVD法。焼身自殺図る。一太大臣我が家に」

◇28日の「ジョン万次郎」は大勢参加しうまくいった。私の「引退表明」後初のふるさと塾なので影響を心配した。貧しい漁民の子。生まれは楫取、松陰とほぼ同じ。波に運ばれて始まった数奇な運命。ホームスティの窓からメイフラワー号が着いた岬が見えた。アメリカの民主主義の原点の地で民主主義を肌で知った。坂本龍馬、島津斉彬、江川垣庵等に影響を与えた。嵐の咸臨丸でも動じなかった。真のサムライ日本を自然体で示した国際人第一号を誇りにし見習うべきだと訴えた。

 私の話が終ると、塾生を代表して富澤吉昭さんが7期ご苦労様と挨拶してくれた。感無量。

◇11月18日、萩市の椿東小、及び明倫小で講演をすることになった。楫取、松陰、その他幕末の志士を生んだ地での講演に心は躍る。明倫小は5,6年生約200人が対象とのこと。

◇「花燃ゆ」の推進協議会が出来た(29日)。私は楫取素彦顕彰会会長として顧問。多くの自治体の首長の代理が出席していた。私は次のように挨拶した。「ドラマを盛り上げるためのオール群馬の基盤が出来た。問題はこれに何を盛るかだ。単に経済の活性化に止まらず心の豊かさと活性化を実現する契機。顕彰会はそのために初志を貫く」と。

◇ケータイニュースに絶えず入ること、それは交際相手による暴力、殺人、元彼による殺人などだ。夫婦の関係が容易に崩れ、恋人同志が容易に同居するのが社会の実態。そこに幼児も加わるから問題は深刻だ。倫理が崩れ、人々は欲望に流されて生きる。その実態を踏まえて、弱い人間を守らねばならない。

 1月に改正DV防止法が施行された。6ヶ月間の接近禁止、住居からの2ヶ月間の退去などを裁判所が出す保護命令の対象が元配偶者、同居の恋人の暴力にも拡大された。性的関係に入ると男女はとかく暴力の関係になる。理性のタガが外れ動物的関係に入り込む人たちが多いに違いない。最高裁の集計では、同居の恋人間で出された保護命令は51件。この数字は実態の一部だと思う。時々相談があるが、なかなか裁判所への申し立てまでは決心できないのが実情だから。

◇昨日、新宿駅で男が焼身自殺を図った。集団的自衛権行使容認反対を高い所で訴えていたという。ガソリンらしいものをかぶり自ら火をつけたという。世論にどう影響を与えるのか。世論が燃えていることの影響か。

◇昨日午後、山本大臣が平服で私を訪ね時局を話した。細い身体にエネルギーが感じられる。国士の雰囲気をもつ数少ない政治家の一人だ。(読者に感謝)

☆楫取がNHK大河ドラマ登場に決定。土・日・祝日は「甦る楫取素彦」を好評連載中です。

|

« 随筆「甦る楫取素彦」第101回 | トップページ | 人生意気に感ず「日本海波高し。ミサイルと拉致。犬は友。スタップ、小保方氏の賭け」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人生意気に感ず「ジョン万次郎のこと。花燃ゆ。改正DVD法。焼身自殺図る。一太大臣我が家に」:

« 随筆「甦る楫取素彦」第101回 | トップページ | 人生意気に感ず「日本海波高し。ミサイルと拉致。犬は友。スタップ、小保方氏の賭け」 »