« 人生意気に感ず「総理の会見。司法取引、盗聴制度。積もるひょう。遺産登録。W杯まさかの敗戦」 | トップページ | 人生意気に感ず「ザック退任。ボスニアの悲劇。死刑執行。戦争体験記」 »

2014年6月26日 (木)

人生意気に感ず「ヤジ都議の結末は。シルクロードも世界遺産。拉致。最年少市長逮捕」

◇都議会セクハラ問題はおかしなことになりそうだ。議会として幕引きを図る動きが強まる一方で、「産めないのか」発言に関してベテラン議員2人が浮上しているらしい。議場のヤジは多くの議員が聞いている。「聞こえなかった」という扱いは変だし、都議会不信を強める結果になっている。技術的に特定は可能だろうからその時は「発言」の責任と隠して逃げようとした責任が重なって辞職問題に発展する。塩村議員は名誉棄損で告訴すると発言した。女性蔑視として世界の問題となってしまった以上最早姑息な幕引きはあり得ない。安倍政権も自民党本部も辞職による決着を望んでいる筈だ。近いうちに新しい展開があると思う。

◇富岡製糸の世界遺産決定でにわかに「絹」が世界の舞台に登場した。絹の源流は古代の中国。古都長安から貴重なシルクはローマに運ばれ交易の首はシルクロードと呼ばれた。今回、シルクロードが富岡と同時に世界遺産に決まったことはシルクの歴史を地球的規模でクローズアップさせたのだ。大沢知事がふるえる思いと表現したことはここまで視野を広げると納得できる。

 シルクロードの世界遺産登録は中国、カザフスタン、キルギスが共同申請していた。本来のシルクロードはローマまでだが、長安、洛陽あたりから中央アジアまでの全長8700キロ。かつて海の道が開かれなかった時、シルクロードは東西文明の大動脈で、多くの民族の交流と攻防があった。シルクロードの東端は奈良だといわれた。カイコという小さな生物が育む生糸が文明の流れを紡いだ。

 シルクの歴史は群馬で守られてきてそれを近代産業として復活させたのが富岡製糸。小寺元知事が富岡製糸を重視したのはシルクロードとのつながりを考えたからに違いない。私は小寺さんと歴史を語る機会がよくあったので、今、そのことを改めて思うのだ。

◇拉致は本当に解決するのか。北京で日朝幹部が協議する。北は特別委を設けて再調査すると約束。見返りとして制裁の解除を求めている。過去の例があるから騙されてはならない。長い年月を経て関係者の年齢を考えるとタイムリミットだ。なぜこんなにかかったか。国を挙げて取り組めばもっと早く開けたのでは。

◇最年少市長が収賄でつまづいた。29歳、美濃加茂市長。数十万円の金。市長は否認。やった方は認めている。誇れる市にと訴えていた。(読者に感謝)

|

« 人生意気に感ず「総理の会見。司法取引、盗聴制度。積もるひょう。遺産登録。W杯まさかの敗戦」 | トップページ | 人生意気に感ず「ザック退任。ボスニアの悲劇。死刑執行。戦争体験記」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人生意気に感ず「ヤジ都議の結末は。シルクロードも世界遺産。拉致。最年少市長逮捕」:

« 人生意気に感ず「総理の会見。司法取引、盗聴制度。積もるひょう。遺産登録。W杯まさかの敗戦」 | トップページ | 人生意気に感ず「ザック退任。ボスニアの悲劇。死刑執行。戦争体験記」 »