« 人生意気に感ず「育英祝勝会。中国薄氏無期。スピーディの反省。がんの労働損失」 | トップページ | 人生意気に感ず「世界遺産登録。中共建国記念式に。原発ロボット。県職のドラッグ」 »

2013年9月25日 (水)

人生意気に感ず「県会で五輪を語る。女性の問題。ふるさと塾はロシア」

◇朝議会への途中事故を起こした。左右を見て、右手から白い車が近づくのを確認したがその前に黒い車が走っているのに気が付かなかった。私の過失である。幸い、人身はなかったが、もし人を死に至らすようなことがあればと思うとぞっとする。「車はこわいもの」という原点を忘れていたことを反省した。

◇昨日の本会議でいくつか興味ある論点が出た。1つはオリンピック関連。7年後の東京五輪を群馬の活性化につなげようという主張。例えば、群馬県の市や町が姉妹・友好都市の関係を結んでいる海外の市や町はざっと37。これらの連携を生かして宿泊施設や観光の紹介をすべきだという提案。良いアイディアだ。市町村の役割だが県がマネジメントしないと実現できない。知事は、群馬の地の利や豊かな自然を活かして前向きに進めると答えていた。安孫子議員は自分でも興奮していると言いながら大きな声で演説していた。

◇いつも女性の視点で女性問題を取り上げるのが茂木英子議員。群馬県が女性問題に関して積極性に欠けることを隣県と比べて示していた。

 例えば、配偶者暴力相談支援センターの数が群馬県は1つ。(栃木4、埼玉10、千葉17、茨城2など)又、市町村の「配偶者暴力防止法」に基づく「基本計画策定状況」については群馬県はゼロである(栃木5、茨城3、埼玉42、千葉6など)

 安倍首相は現在カナダを訪れているが出発前、日本は女性を重視する国であることを国連でアピールすると語った。女性重視は社会の活性化に不可欠だが、男女平等の点から民主主義の程度を示す。現在、いろいろな集いは女性の姿が圧倒的。これを行政の上で位置ずけることが急務なのだ。

◇今月の「ふるさと未来塾」(28日、午後7時日吉町前橋市総合福祉会館)はロシアを取り上げる。拙著「炎の山河」では昭和9年群馬会館で松岡洋右がソ連は50年後に亡びると大演説をぶった。ソ連は実際それから57年後1991年に崩壊した。

 人類史上最大のドラマの主役にはフルシチョフ、ゴルバチョフ、エリツィン、プーチン等が登場する。崩壊の序曲として1989年ベルリンの壁崩壊。直後に私は訪れて破片を持ち帰った。04年にはハバロフスクを訪ねたが橋本総領事はすさまじい石油の金が入っていると語った。エピソードを交えて日本とロシアを語る。(読者に感謝)

|

« 人生意気に感ず「育英祝勝会。中国薄氏無期。スピーディの反省。がんの労働損失」 | トップページ | 人生意気に感ず「世界遺産登録。中共建国記念式に。原発ロボット。県職のドラッグ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人生意気に感ず「県会で五輪を語る。女性の問題。ふるさと塾はロシア」:

« 人生意気に感ず「育英祝勝会。中国薄氏無期。スピーディの反省。がんの労働損失」 | トップページ | 人生意気に感ず「世界遺産登録。中共建国記念式に。原発ロボット。県職のドラッグ」 »