« 人生意気に感ず「カネボウ白斑事件。藤圭子の死。駒場の知人。大竜巻」 | トップページ | 人生意気に感ず「婚外子に関する違憲判決。楫取の記念事業。また竜巻」 »

2013年9月 4日 (水)

人生意気に感ず「五輪秒読み。原発汚染。巨大竜巻。育英に市民栄誉賞」

◇五輪決定が秒読みに入った。日本時間8日の朝。アルゼンチンのブエノスアイレスで開かれるIOC総会で決まる。日本優勢が伝えられるが懸念材料は原発問題。汚染水漏れの事故評価「レベル3」を世界が注目し始めた。大量の汚染水海洋流出はイメージが悪い。直前に来て、国が責任をもってきちんと対応することを有効に示せるかがカギとなる。

 日本が掲げるのは「復興五輪」。復興が遅れているのにという反対論もある。私は1964年の東京五輪を思い出す。日本人の心が一つになって沸いた。自信を失った日本人がもう一度自信を取り戻して復興の力を生み出す時である。

「復興五輪」を掲げる以上、原発問題の解決と被災地復興は、世界に向けた公約だから、実現させないわけにいかない。経済の活性化も弾みがつく。経済の復活は「復興」のカギ。

私は東京五輪に賛成だ。実現すれば、高速交通で結ばれた近県群馬にも大きな影響がある。カウントダウンが始まった今、ビッグサプライズを息を殺して待つ思いである。

◇原発汚染水漏れは東電の管理上の過失だとして福島県民が東電社長らを刑事告発する動きだ。過失責任は、先ず義務の存在、それを果たすことが可能なのに怠った時発生する。

 容疑は、公害犯罪処罰法違反。同法は「事業活動」に伴う公害を発生させた場合を対象。汚染水対策が東電の「事業活動」に当るかなどが争点に。どういう展開になるか注目したい。

◇埼玉から千葉にかけた竜巻は近年にない異常現象で、かつ、今後多発する恐れがあるとして受け止めた。電柱が割れ家がつぶされ、校舎の屋根が飛んだ。

 上空と地上の温度と湿度の差がものすごい上昇気流を起こした。上下の差は40度という。昨年5月茨城県で発生したときはこの差が45度あった。こういう温度差が、今後異常気象の中で頻発するとすれば、竜巻も頻発する恐れがある。竜巻はアメリカの出来事かと思っていたが、身近かな存在になった。

◇前橋育英に創設の市民栄誉賞が授与される。前橋市民の心に大きな希望と勇気を与えたことを思うと適切なことだと思う。この賞は、市民が誇りとする顕著な功績があった個人や団体を対象とする。スポーツに限らない。育英の快挙は少年たちが心を一つにして不可能を可能にしたことを考えると第一回にふさわしい。(読者に感謝)

|

« 人生意気に感ず「カネボウ白斑事件。藤圭子の死。駒場の知人。大竜巻」 | トップページ | 人生意気に感ず「婚外子に関する違憲判決。楫取の記念事業。また竜巻」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人生意気に感ず「五輪秒読み。原発汚染。巨大竜巻。育英に市民栄誉賞」:

« 人生意気に感ず「カネボウ白斑事件。藤圭子の死。駒場の知人。大竜巻」 | トップページ | 人生意気に感ず「婚外子に関する違憲判決。楫取の記念事業。また竜巻」 »