« 『炎の山河』第五章 地獄の満州 第69回 | トップページ | 人生意気に感ず「地震・ガラスがナイフとなって。田所県議の病。県民マラソンに」 »

2013年7月 1日 (月)

人生意気に感ず「小学生3人切られる。鳩山の売国振り。楫取講演」

◇集団下校中の小学生3人が切られる事件が発生した。練馬区立小1年の男児。学童誘導員が男に立ち向かい子どもたちを守った。勇気ある応戦がなければもっと大きな惨事になっていたかも知れない。逮捕された男は意味不明なことを言っている。登下校の安全確保が改めて深刻な課題に。

 01年大阪教育大附属池田小事件では児童8人が死亡、犯人は死刑になった。05年には、栃木県の小1女児が下校中連れ去られ遺体で見つかり、未解決事件となっている。子どもたちを襲う事件は繰り返される。病める社会には、動機不明や死刑を望んでなど不可解な事件が発生する。地域社会で守らねばならない。

◇鳩山元総理の尖閣発言は無責任で売国的だ。「日本が盗んだと思われても仕方がない」などと繰り返した。政府は国益を損なうと非難。

 民主党の細野幹事も「余りに無責任な発言」と抗議の談話を発表した。また、鳩山発言は「日本固有の領土であるという民主党の見解、鳩山内閣を含めて、民主党政権時の政府見解とも異なる」と指摘し、「元首相の立場を踏まえない発言を党として看過出来ない」と批判した。

 中国のネット上では、鳩山発言に対し、称賛の声があふれる一方で、「売国奴だ」という冷めた意見も見られるという。国会議員を離れたとはいえ、元首相が政権時と異なる発言をする不見識が信じられない。

◇佐田代議士と直接会って、お詫びと反省の言葉を聞いた。私は、日本の政治全体の信頼に関わる問題である、状況は非常に厳しい、辞職も選択肢に入れ政治家としてぎりぎりの判断をすべきと話した。自民一区の選対本部長は佐田氏にかわって私が担当することになった。

◇29日、生涯学習センターで楫取素彦の講演をした。文京町地区の歴史の会の人たち約200人が参加。休憩を挟んで2時間、熱心に聞いてくれたので、私ものって疲れを覚えず良い講演が出来た。松陰との絆、妻寿子のこと、松陰の形見の短刀を持ってアメリカに渡った新井領一郎のことなどを話した。まだまだ初代県令の知名度は低い。楫取を甦らせる努力は続く。8月20日は県庁で行う。

◇今日は県民交通安全日(毎月1日)。県内では、6月末迄に31人が交通事故死。群馬は初心運転者の交通事故率全国ワースト1位だという。不名誉の返上は県民の志気を高め安全県群馬実現につながることだ。(読者に感謝)

「楫取素彦読本」現在煥乎堂1F郷土誌コーナー、県庁地下 生協書籍コーナーで好評発売中です。(1冊300円)

|

« 『炎の山河』第五章 地獄の満州 第69回 | トップページ | 人生意気に感ず「地震・ガラスがナイフとなって。田所県議の病。県民マラソンに」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人生意気に感ず「小学生3人切られる。鳩山の売国振り。楫取講演」:

« 『炎の山河』第五章 地獄の満州 第69回 | トップページ | 人生意気に感ず「地震・ガラスがナイフとなって。田所県議の病。県民マラソンに」 »