« 『炎の山河』第五章 地獄の満州 第68回 | トップページ | 人生意気に感ず「小学生3人切られる。鳩山の売国振り。楫取講演」 »

2013年6月30日 (日)

『炎の山河』第五章 地獄の満州 第69回

 ここに至るまでには、かなりの経緯があった。この年4月15日、改革派で学生の民主化運動にも理解があるとされた胡耀邦(こようほう)が死んだ。胡耀邦は学生運動に対する対策が手ぬるいとされ、総書記の地位にあったが失脚し、学生たちの同情を集めていた。胡耀邦の追悼大会で、学生の要求した胡耀邦の名誉回復は認められなかった。これは、学生たちの民主化の要求を政府が否定することを意味した。

 この追悼大会を契機として、民主化を求める学生の運動は大きく燃え上がった。天安門広場には、20万人の学生が結集し、民主化を要求。北京では、16の大学で授業を放棄しストに突入した。党の最高実力者鄧小平は、このような民主化運動を非合法的な「動乱」であると指摘、このことは、学生運動の燃え上がる火に油を注ぐ結果となった。

※土日祝日は中村紀雄著「炎の山河」を連載しています。

|

« 『炎の山河』第五章 地獄の満州 第68回 | トップページ | 人生意気に感ず「小学生3人切られる。鳩山の売国振り。楫取講演」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『炎の山河』第五章 地獄の満州 第69回:

« 『炎の山河』第五章 地獄の満州 第68回 | トップページ | 人生意気に感ず「小学生3人切られる。鳩山の売国振り。楫取講演」 »