« 人生意気に感ず「振り込め詐欺と闘う。四川大地震。甲人骨は語る」 | トップページ | 人生意気に感ず「美浦村教委視察。社会力と学力。教育委員会」 »

2013年4月25日 (木)

人生意気に感ず「三浦村へ教育視察。社会力。学力テスト」

◇今日は一日委員会の日。朝8時半県庁スタート。目指すは茨城県三浦村教育委員会。優れた教育行政で全国の注目を集めている。教育長は筑波大名誉教授門脇厚司氏。私と共に白根開善学校の理事を務める。

 視察は私の提案。途中バスの中で私が今日のテーマのポイントを説明することになっている。今午前2時、この文を書き、門脇教育の核心である「社会力」につき考えをまとめ、明け方短時間眠りそして走る。いつものパターンである。

◇現在、教育は危機にある。いじめ、体罰、自殺、学力低下、教育委員会の在り方等々を巡り解決策を見出せないでいる。これらの根底には何が横たわるのか。

 今回の視察の目的はそのヒントを探すこと。門脇氏が世に出した語「社会力」のインターネットアクセス数は累計で5億を超える。「3・11」後の増加は特に著しい。バスではこのようなことを話し、三浦村教育への期待につなげたいと思う。

 社会力とは何か。教育との関係は。門脇氏は熱意をもって私たちを待つ。それが委員に伝わるか心配である。バスの中で予習のために発言する理由である。

◇門脇氏によれば「社会力」とは「人とつながって社会をつくる力」である。そして、人とつながって社会をつくるとは、自分が関わる社会の中で社会の一員として何かの役割を果たすこと。つまり、その力が社会力なのである。

 それは人とつきあって信頼されることで生れる。人を避け閉じこもっては生れない。この社会力を身につけることにより、社会のことにつき関心が高まり、知的好奇心と学ぶ意欲も高まる。このことが脳の神経細胞を緻密にするから学力も高まる。

 社会力と学力の関係を証明する東海村のデータがある。調査は門脇氏が代表で行っている。それによれば、学校での成績がよいと自己判断している子ほど、例外なく社会力の得点が高い。

◇24日全国学力テストが行われた。小6・中3が対象。都道府県別の正答率を公表する。市町村別・学校別も集計するが個別の市町村名や校名の公表は禁止。公表は学校の序列化を起こす。順位を一つでも上げるために教育の本筋から離れた空しい狂騒が全国に展開される。学力テストはこのことにつながると、門脇氏は反対。今回アンケートも実施、家計と学力の関係も調べる。(読者に感謝)

|

« 人生意気に感ず「振り込め詐欺と闘う。四川大地震。甲人骨は語る」 | トップページ | 人生意気に感ず「美浦村教委視察。社会力と学力。教育委員会」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人生意気に感ず「三浦村へ教育視察。社会力。学力テスト」:

« 人生意気に感ず「振り込め詐欺と闘う。四川大地震。甲人骨は語る」 | トップページ | 人生意気に感ず「美浦村教委視察。社会力と学力。教育委員会」 »