« 人生意気に感ず「福田氏名誉県民に。県職新人の志。日中友好・唐家璇」 | トップページ | 人生意気に感ず「元総社疑惑の地に県住。新型インフルの脅威か」 »

2013年4月 3日 (水)

人生意気に感ず「師弟国民栄誉賞。福田元首相、習主席と会談。中国の環境」

◇長嶋、松井が国民栄誉賞を得た。1日の上毛朝刊が先ず報じた。こういうのを大スクープというのだろう。2人の経歴からして読売が早く情報を得るのが常識。その読売の報道は1日の夕刊だった。なぜ地方紙上毛がという声が出るは当然。山本一太氏は政治家のリークは500%ないと発言。

 師弟は、ミスター、ゴジラと呼ばれ、国民に感動を与えた。長嶋は華麗なプレーと明るさで常に注目の的だったし松井は豪快な技と堅実聡明な人柄で評価されてきた。

 長嶋はサードに飛び込んだゴロをセカンドをみずに二塁に投げ併殺を完成させた。私は巨人のファンだったが、むしろ梶原一騎の「巨人の星」の世界にいた。

 長嶋に最も感動したのは脳梗塞か何かで倒れた後必死でリハビリした姿。野球で限界に挑戦した姿を見る思いがした。ミスターの根性は健在だったのだ。

 かつて自民党と巨人は共に全盛期にあって両者はあたかも社会を支えるセットのように見られた。自民が雌状の常態を抜けて安倍政権が光を浴び参院選を目前にした時の師弟の受賞はタイミングがいい。政治的な意図をかんぐる向きがあるのは無理がない。前記山本氏の発言はこれを否定しようとするものだろう。

◇県は県内企業の海外展開を支援するため群銀と連携協定を締結した(2)。群銀には中国進出県内企業を長年支援してきたノウハウがある。県は上海事務所を設置して県内経済の活性化に動き出す。知事はそれぞれの強みを生かしたいと連携の目的を語った。

 具体的な問題として、中国人観光客の誘客や県内農畜産物の輸出の促進などがある。県日中友好協会は発足したばかりだがこれらは、協会の事業計画とも深く関わる。協会の役割、なすべきことを真剣に考えたい。

◇福田元首相が近く翌近平国家主席と会うことに注目する。新たに主席の座についた習氏が日本の要人と会談するのは初めて。福田氏は先日、群馬日中友好協会の最高顧問に就いた。私は、同協会会長として強い関心を持つ。中日友好協会長唐家

氏は最近舛添氏に習政権は日中関係改善に強い意欲をもつと語っていた。

◇中国の環境汚染は酷いの一語。豚の死体や工場廃液が川を埋め空中は公害微粒子が充満。道徳のない国か。成長優先の経済は自らの首を絞める怪獣の姿。大きいだけでは大国ではない。(読者に感謝)

☆「楫取素彦読本」現在煥乎堂1F郷土誌コーナー、県庁地下 生協書籍コーナーで好評発売中です。(1冊300円

)

|

« 人生意気に感ず「福田氏名誉県民に。県職新人の志。日中友好・唐家璇」 | トップページ | 人生意気に感ず「元総社疑惑の地に県住。新型インフルの脅威か」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人生意気に感ず「師弟国民栄誉賞。福田元首相、習主席と会談。中国の環境」:

« 人生意気に感ず「福田氏名誉県民に。県職新人の志。日中友好・唐家璇」 | トップページ | 人生意気に感ず「元総社疑惑の地に県住。新型インフルの脅威か」 »