« 『炎の山河』第5章 地獄の満州 第45回 | トップページ | 人生意気に感ず「四川大地震。新型インフル。国会議員との懇談会。動物愛護協会」 »

2013年4月21日 (日)

『炎の山河』第5章 地獄の満州 第46回

 こういう冷戦構造の中で、アメリカと手を結ぶ日本が中国と正常な国交を開くことは困難なことであった。日本は、冷戦構造の中で繰り広げられる米ソの駆け引きに振り回されていたのである。あるとき、日本の対中国外交に影響を与えるできごとが、米中間で起きた。それは、1972年(昭和47年)2月の、ニクソン大統領の北京訪問である。これを機にアメリカと中国の関係が変わり始めたのである。このことは、必然的に日本と中国の関係にも影響する。

 日本は、この年7月、佐藤内閣に代わって、田中内閣が誕生が誕生した。佐藤内閣も、中国との接触を試みたが、中国は応じなかった。それが、田中内閣が生まれた頃から、米中の関係の変化を反映して中国の態度が変わってきた。田中首相は、北京を訪問。交渉は難航を続けたが、ついに、1972年(昭和47年)9月29日、日中国交樹立の調印が行われた。

 終戦から、実に27年の歳月がたっていた。日中正常化の影響は、直ちに、松井かずたちの身に及んだ。

☆土・日・祝日は、中村紀雄著『炎の山河』を連載しています。

|

« 『炎の山河』第5章 地獄の満州 第45回 | トップページ | 人生意気に感ず「四川大地震。新型インフル。国会議員との懇談会。動物愛護協会」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『炎の山河』第5章 地獄の満州 第46回:

« 『炎の山河』第5章 地獄の満州 第45回 | トップページ | 人生意気に感ず「四川大地震。新型インフル。国会議員との懇談会。動物愛護協会」 »