« 人生意気に感ず「ふるさと塾は橋下。橋下は信長かヒットラーか。竹島。日馬富士」 | トップページ | 人生意気に感ず「本会議点描。決算特別委員長。八ッ場。なりすまし医」 »

2012年9月25日 (火)

人生意気に感ず「本会議点描。議員の今昔。中国の醜態」

◇9月議会が始まって、本会議一般質問の2日目が終わった。1日に4人、計8人が登壇した。人物にも焦点を当て、議会の歩みを振り返えりつつ本会議の状況を説明する。質問者の内訳は、一期4人、二期(女性)1人、三期2人、五期1人。

 私の席は最後列。最前列からの距離は七期の歩みを物語る。それは議会改革の歩みでもある。私が一年生だった頃の議会はひどいものだった。田舎の名士が名誉職を求めてバッジを付けたような人もおり、本会議の質問も自分で書いたか疑わしいような作文を朗読するおっさんもいたりで、その光景は茶番劇にも見えた。私のことを「こいつ」と呼んだ品の悪い同期を思い出す。三期くらいで死んだ。

 議員のレベルは有権者のレベルである。社会は激しく変化し有権者の視線は厳しくなった。議会も議員もそれに応えるべく議会改革に取り組んだ。私が議長の時、質問者と答弁者の関係は、対面で一問一答でやりとりする型を採用、その上、最大の改革はテレビ生中継の実施であった。これは革命的な効果をもたらした。全有権者が、そして自分に一票を投じる支援者が審査員の如く見るのである。質問の作文を読む人は皆無となった。

 今回もきびきびした一期生の質問の姿が見られた。政治家にとって説得力は生命である。一期生は説得力を磨くために鍛えられるのである。

◇今回登壇の一期生は次の通り(敬称略)○高田勝浩、太田市議2期を経て県会に。立教大大学院終了。主に、いじめ問題を取り上げていた。以下同じように記す。○金子渡、渋川市議3期、独協大卒、渋川警察の移転問題。○清水真人、高崎市議2期、明治学院大学卒、副知事の選任について。○安孫子哲、前橋市議2期、国際コンピューター専門学校卒、赤十字病院の移転問題。新人議員の学歴が一般に高くなったのも近年の傾向であり時代の推移を示す。

◇昨日登壇した女性議員はあべともよさん。がん対策、重粒子線治療、ストーカー対策、いじめ問題等を取り上げた。爽風に所属。女性議員は他に茂木英子、桂川孝子、小川昌の諸氏がいる。

◇日中国交正常化記念式典が中止となった。長年中国と関わってきた私は残念に思う。同時に中国を知る良い機会だと思う。長い歴史の過程で中国は絶えず周辺と争そってきた。したたかな国で争そう事も矛を収める方法も心得ている。毅然とした政治力と国民の姿勢を示す事が第一。反日デモは中国の醜態を晒した。

☆土・日・祝日は、「楫取素彦読本」を連載しています。

|

« 人生意気に感ず「ふるさと塾は橋下。橋下は信長かヒットラーか。竹島。日馬富士」 | トップページ | 人生意気に感ず「本会議点描。決算特別委員長。八ッ場。なりすまし医」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人生意気に感ず「本会議点描。議員の今昔。中国の醜態」:

« 人生意気に感ず「ふるさと塾は橋下。橋下は信長かヒットラーか。竹島。日馬富士」 | トップページ | 人生意気に感ず「本会議点描。決算特別委員長。八ッ場。なりすまし医」 »