« 人生意気に感ず「楫取の除幕式。群馬の金字塔。私の終戦」 | トップページ | 人生意気に感ず「東条・田中の処刑。竹島と魚釣島・日本の外交力」 »

2012年8月16日 (木)

人生意気に感ず「慰霊祭。玉音放送。竹島・魚釣島・毒殺命令」

◇群馬アリーナで終戦記念日の追悼慰霊祭が行なわれた(15日)。正午の鐘と同時に黙とう。続いて天皇陛下のお言葉が正面の大画面に写し出された。天皇の声を聞きながら、67年前の天皇の声、つまり「玉音放送」に耳を傾ける人々の姿を想像した。

 国民には正午に重大放送がある旨知らされていたが天皇の声が流れるとは誰も思わなかった。明治憲法下、天皇は神であって、国民に直接語りかけるなど有り得ないことだった。

 しかし、直ぐに天皇の声と知ったときの国民の衝撃の大きさは測り知れないものだった。

 ラジオの声は聞き取りにくい部分があったが、戦争の終わりを告げている事は分かったと多くの証言は述べている。皇居前に集まった人々は、天皇の住む方向に向かい玉砂利に手をついて自分たちの努力が足りなかったことを詫びた。腹を切る軍人もいた。

 多くの国民は心の芯を抜き取られたように虚脱感に襲われたがやがて明るさを取り戻した。

 67年前の「玉音放送」は再生日本の原点だった。慰霊祭にもその意味を持たせなければ、慰霊にならないと思う。戦没者の悲願は日本の再生に違いない。

◇今回の慰霊祭では、これまでになく多くの若者が参加した。慰霊の実質を後世に伝えるためにも中高生の参加を増やすべきだと私は主張してきた。今回は、学生ボランティアの大学生33名や遺族のひ孫等を含め計87名が参加した。この動きを来年は更に加速させるべきだ。そして、祭の中味の工夫も要検討だ。

◇日本海の波高し。韓国、中国との間で、火花が生じている。韓国大統領が竹島に上陸し、香港の活動家が魚釣島に上陸した。

 豆粒のような小島だが、国の主権に関わることで国民感情を刺激する。竹島は島根県に尖閣諸島の魚釣島は沖縄県に位置する。これら島をめぐっては隣国との歴史的背景が関わっている。日本は毅然とした態度を貫くべきだ。オリンピックで示した国民的高揚感を本物にしなければならない。魚釣島で逮捕した14人については特別扱いせず不法入国として厳正に対応しなければ、益々中国になめられる。

◇元軍医の証言。捕虜にさせないため3千700人を毒殺せよと青酸カリを渡される。玉音放送で使わずに済んだという。同様の話を前橋の岩田亀作さんから聞く。衛生兵として病人200名の毒殺を命じられたが薬を土に埋めた。ニューギニアの戦場。人間は消耗品だった。(読者に感謝)

|

« 人生意気に感ず「楫取の除幕式。群馬の金字塔。私の終戦」 | トップページ | 人生意気に感ず「東条・田中の処刑。竹島と魚釣島・日本の外交力」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143329/55434664

この記事へのトラックバック一覧です: 人生意気に感ず「慰霊祭。玉音放送。竹島・魚釣島・毒殺命令」:

« 人生意気に感ず「楫取の除幕式。群馬の金字塔。私の終戦」 | トップページ | 人生意気に感ず「東条・田中の処刑。竹島と魚釣島・日本の外交力」 »