« 人生意気に感ず「五輪開会式。反原発デモ。聴取会。オスプレイとクマタカ」 | トップページ | 人生意気に感ず「東電OL・再審。五輪の日本女性。楫取の読本と説明板」 »

2012年7月31日 (火)

人生意気に感ず「オリンピックの状況。酷暑の打撃。少年犯罪の恐さ」

◇奇声を発して狂喜する外国選手の光景を見てウームと唸るのである。あの背景には4年間の苦闘と一国の期待があると思うからだ。その対極にあるのが敗者の姿だ。正に天国と地獄。勝てば凱旋将軍で迎えられ、負ければ落武者のように帰国する。敗者を温かく見詰める文化を育てたい。

◇ぎりぎりの差は精神力が作る。団体で戦う場合は、個々の精神の和以上の力が生めるか否かだ。ナデシコと男子サッカーを見てつくづくそう思う。男子サッカーは初戦スペインを制して波に乗った。破れたスペインは力を落として自滅。対モロッコでは、疲れもあった筈だが精神力で乗り切った感。イスラム教国モロッコはラマンダ(断食月)で力を出せなかったとか。

◇女子48キロ級で銀を得た三宅宏美の笑顔がいい。高校生スイマーで銀の萩野公介はプレッシャーなどどこ吹く風で新時代の到来を思わせる。女子柔道で五輪初金の松本薫はこれが女性かと思わせる阿修羅の如き姿で闘った。全体としてまだ序盤。

◇異常な暑さの中の夏祭りで熱中症が出ている。みこしを担ぐ人から救急車で運ばれる人が出た。こんな夏はかつてない。館林がすっかり有名になって、前橋も注目の高温都市になった。

 29日、全国で1300人超が救急車で運ばれ死者も出ている。異常な暑さは地球規模で、北半球が酷暑に見舞われている。そんな中、干ばつや洪水が相次いでいる。グリーンランドの氷河が割れ、山手線で囲まれる地域の2倍もの氷山となって漂っている。異常気象は力の弱い国に打撃を与える。

北朝鮮の大雨は田畑を流し多くの死傷者を出している。これ迄も、農業の不作が報じられ、餓死者のことが報じられてきた。異常気象は貧しい人々を容赦なく打ちすえている。これに対し、軍事に力を注ぐ政府は無策である。国民の不満は高まっている。天と地から北朝鮮は追い詰められている。

◇少年犯罪は早く手を打たないとエスカレートして大変な事になる。「呪う呪う呪う…」と書いて大阪府の少年が自殺した。警察が早く対応しなかったことが問われている。伝えられるところによれば、不良グループの手段は冷酷執拗で大人のプロ犯罪顔負けだ。集団心理が加速するととんでもない事が起こる。18歳の川岸君の命は救えたかも知れない。親とすればあだ討ちしたい気持ちだろう。類似の事件は連載する。警察も社会も気を付けよう。(読者に感謝)

☆土・日・祝日は、「楫取素彦読本」を連載いたします。

|

« 人生意気に感ず「五輪開会式。反原発デモ。聴取会。オスプレイとクマタカ」 | トップページ | 人生意気に感ず「東電OL・再審。五輪の日本女性。楫取の読本と説明板」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人生意気に感ず「オリンピックの状況。酷暑の打撃。少年犯罪の恐さ」:

« 人生意気に感ず「五輪開会式。反原発デモ。聴取会。オスプレイとクマタカ」 | トップページ | 人生意気に感ず「東電OL・再審。五輪の日本女性。楫取の読本と説明板」 »