« 人生意気に感ず「楫取顕彰会の顧問に五代目当主。太陽の異常、地球は寒冷に」 | トップページ | 人生意気に感ず「集団登下校。副市長と。原発の下に活断層」 »

2012年4月24日 (火)

人生意気に感ず「駐在所開所式。北の特別行動。需給調査委。楫取と湯浅」

◇私の地元芳賀地区の駐在所が移転し開所式が行われた(23日)。巡査駐在所制度は明治20年に出来た。長い治安の歴史を支えてきた日本国有の制度である。

「かつて日本の治安は奇跡的と世界から評価されました、それを支えたのは、信頼で結ばれた警察と地域社会の連携でした、3・11後の現在、地域の安全安心が一層重要となりました、駐在所がその要となることを願います」私は来賓としてこのように挨拶をした。

◇「軍の特別行動を開始する、ネズミどもを一瞬のうちにせん滅して見せる」女性講釈師の講談の一節かと見まちがいかねない映像は、北朝鮮の公式放送の一コマだ。

 金正恩を批判する韓国の行為に対する反発である。全世界注視の中でミサイル発射に失敗し面目を失墜させた北朝鮮。プライドが全ての国である。今日の事態は、国民に対しても格好がつかない。これだけのことを世界に向けて公言した以上何もしないわけにいかないだろう。とばっちりがいつ日本に及ぶか分からない。日本の防衛と危機管理にも想定外はないと思わねばならない。25日が北朝鮮の軍創設80周年記念日。軍の威信を保つことを最大限重視する国にシビリアンコントロールはない。

◇エネルギー需給検討委員会の様子を見て驚いた。広い会場に居並ぶ専門家たちの数の多さもさることながら、なぜもっと早くこの会を開かなかったかということである。エネルギーの需要量と供給量を客観的に正しく示すことは原発再稼動と脱原発の問題を判断する場合の大前提である。この委員会でも原発なくしてエネルギーは足りるという学者の意見が出された。

 私は過日(323日)、アトミックカフェで原発問題で激論を交わしたが、その時も、ここが重要な論点だった。

◇県議会展示室に楫取素彦及び廃娼に尽くした湯浅治郎のコーナーを作る記事が新聞に載った。この2人を特に展示することは私の提案である。

 廃娼は暗いイメージを持つためか語られる事が少ない。しかし、群馬県が全国に先がけて金字塔を打ち立てたという意味を知らねばならない。廃娼の決定は世界的にも早い部に入る女性解放なのだ。議会をまとめた中心人物が湯浅治郎で、議会の議決を実施に向け方向づけた人が楫取素彦だった。楫取の背景には松下村塾以来の人間平等の価値観が、そして、湯浅を支えたものに新島襄から受けついだキリスト教の思想があった。(読者に感謝)

4232_2 Imagesca63ebl7_edited

|

« 人生意気に感ず「楫取顕彰会の顧問に五代目当主。太陽の異常、地球は寒冷に」 | トップページ | 人生意気に感ず「集団登下校。副市長と。原発の下に活断層」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人生意気に感ず「駐在所開所式。北の特別行動。需給調査委。楫取と湯浅」:

« 人生意気に感ず「楫取顕彰会の顧問に五代目当主。太陽の異常、地球は寒冷に」 | トップページ | 人生意気に感ず「集団登下校。副市長と。原発の下に活断層」 »