« 中村のりお人生意気に感ず「地球の回転速度も変えた巨大地震。節電の意義」 | トップページ | 中村のりおの人生意気に感ず「買占めに走る人々。ガソリン不足。ボランティア」 »

2011年3月16日 (水)

中村のりお人生意気に感ず「各種の対策本部が出来る。礼大祭。ローソクを灯す」

◇巨大地震被災地の惨状は見るに耐えない。同胞の窮状に対し全国から支援の手が伸びている。本県でもその動きが始まった。県民個々人のボランティア活動は持論重要であるが、先ず、効果的な動きは組織をもつ団体のものである。県として、自民党として、民間団体として私の関わる動きをここに紹介する。

◇自民党は、自民党県連災害対策本部を設置した。役員構成は幹事長を本部長として、副本部長に県連副会長が就き、本部役員には県議会の常任委員長等を務める5人の県議が就任した。私は県連副会長である。

 この対策本部は、まず、大澤知事に次のような申し入れを行った。即ち、被災者に対し、公営住宅や県内宿泊施設への受け入れ、仮設住宅用地を提供、また、県民ボランティアへの呼びかけを行うことなどである。

◇自民党災害対策本部は、3月18日(金)、相馬市役所宛てに、米3t、飲料水2tを搬送する。午前9時30分、館林市役所前を出発する。

 このような動きは今後も続けるので、県民の善意を受け入れて対応しようとしている。そのため、自民県連は、義捐金受け入れ口座を開設した。「群馬銀行県庁支店 普通 口座番号 0577415

◇県は、知事を本部長とする災害対策本部を立ち上げ、人的支援、物的支援、バックアップ支援を迅速に実施する。既に毛布2千枚を送っているが、更に15日、アルファ米1万食、水のペット1万4千本等多くの救援物資を送った。

◇私が属する群馬県中小企業家同友会は義捐金募集に取り組むことになり、義捐金専用口座を設けた。「群馬銀行片貝支店 普通 口座番号 0437979 口座名義 群馬同友会東日本大震災義捐金」

◇総社神社の年間の最大行事、春季礼大祭に出た(15日)。長い境内の石だたみを神社本部からの古式豊かな使節の列が続いた。私は巨大地震被災地の惨状を頭に描きながらのどかな光景を見守った。41日、私は、この神社で必勝祈願祭を行う。

 直会(おならい)の席で私は挨拶した。「多くの犠牲者に心からお悔やみ申し上げます。地域社会を支える、このような伝統行事を行える有り難さを身にしみて感じます」と。

 夜の役員会は、計画停電の中、ローソクを灯して行った。異様な雰囲気が緊張感を高めた。(読者に感謝)

☆土・日・祝日は、中村紀雄著「上州の山河と共に」を連載しています。

|

« 中村のりお人生意気に感ず「地球の回転速度も変えた巨大地震。節電の意義」 | トップページ | 中村のりおの人生意気に感ず「買占めに走る人々。ガソリン不足。ボランティア」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中村のりお人生意気に感ず「各種の対策本部が出来る。礼大祭。ローソクを灯す」:

« 中村のりお人生意気に感ず「地球の回転速度も変えた巨大地震。節電の意義」 | トップページ | 中村のりおの人生意気に感ず「買占めに走る人々。ガソリン不足。ボランティア」 »