« 北朝鮮の核実験のニュースで持ち切り (9日) | トップページ | 九月議会が終る、重要な意見書、決議 (その1) »

2006年10月11日 (水)

号外も出た、核実験、超兵器の意味

 北朝鮮の原爆実験に世界中が衝撃を受けている。号外まで出て次々に伝えられる事実に打たれるように、平和ぼけといわれた人々の間にもようやく緊張感と不安が生まれてきたようだ。特に、北朝鮮のミサイル技術と原爆が結びついたとき容易に日本に原爆が落とされる可能性があるということは人々にリアルなショックを与えている。

 北朝鮮は、日本をすっぽり射程に収めるミサイル実験をしたばかりである。もし、このミサイルで運べる小型の原爆を開発したら、そして、イラクのようにアメリカの攻撃を受ける事態になったとしたら、失うものは何もない北朝鮮は、アメリカの同盟国日本に先ず原爆を放つに違いない、人々は、この単純な論理に気付いたようだ。

 安倍新総理が掲げる「美しい日本」も、世界の経済大国日本も、平和が大前提である。北朝鮮に原爆を突き付けられて、人々は平和の尊さとその危うさに気付き始めたといえる。

 私たち日本人は一斉に同じ方向に動く傾向がある。ほぼ単一の民族で構成され言語も共通で宗教の対立もなく同じような価値観を持つからだ。ここに日本の強さがあると同時に危険性が潜むといえる。

 かつての日本は、同一の価値観に基づく中央集権体制の下で社会が一体となって動いた。それは、一面、現在の北朝鮮と似ていたとも言える。地方の時代とわれる今日、地方がしっかりと自治を行うことは、国の危機に直面したとき、冷静に判断し、真の力を発揮するための基盤なのだ。北朝鮮の現状を見るとき、日本の素晴しさ、及び、日本の守るべきものが、かえって浮き彫りになる。しかし、同時に、国を守る私たちの意識の薄さも。

 北朝鮮を見ると、歴史の歩みが止まっているように感じられる。かつての社会主義国ソ連は崩壊し、中国も生まれ変わったように変化した。このように世界が大きく変化しているのに北朝鮮はかたくなに古い姿勢を変えようとしない。歴史の歯車を止めた古い国が核という超兵器を握ろうとしている。国民の多数は、実験の成功を喜んでいるというが、恐らく原爆の真の恐ろしさを知らないだろう。

 ウランやプルトニウムの原子核を分裂させて秘密のエネルギーを取り出す原理を知った科学者は今日の事態を予想したであろうか。最初に核分裂を発見したドイツ人科学者ハーンは、昭和20年8月6日の夜、原爆投下を知らされ、すっかり打ちのめされ責任を痛感すると語ったという。

 この超兵器の秘密は米国からソ連に流れ、米ソの核競争の時代になる。核の技術は世界に広がり、パキスタンのようなひどい後進国も原爆を開発するようになり、遂に北朝鮮が原爆を手にする事態に至った。この先どこまで広がるのか。イスラエルと対立するイランがこれを持てば中東は大変なことになる。イランは今、北朝鮮のことを息を殺して見ているに違いない。唯一の被爆国の国民として少しも目を離すことは出来ない。

(アジアの平和が実現されることを願って。読者に感謝)

★土・日・祝日は、以前からのご要望により、「上州の山河と共に」を連載しております。

|

« 北朝鮮の核実験のニュースで持ち切り (9日) | トップページ | 九月議会が終る、重要な意見書、決議 (その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 号外も出た、核実験、超兵器の意味:

« 北朝鮮の核実験のニュースで持ち切り (9日) | トップページ | 九月議会が終る、重要な意見書、決議 (その1) »