« 憲法改正を考える。(2) | トップページ | ゴールデンウィークは憲法だ。憲法改正を考える(4) »

2006年5月 3日 (水)

憲法改正を考える。(3)

  9条は全ての戦争を放棄しているように読める。しかし、政府の解釈は、放棄しているのは侵略戦争である、自衛のための戦争は放棄していない、だから、自衛のための戦力・軍隊を持つことが出来る、というもの。昨日の「日記」でここまで書いた。

 憲法学者は、ほとんどが、政府と違った解釈をとり、自衛隊は違憲だとしてきた。憲法の規定と自衛隊の存在が食い違っていることは政府も認めていて、多少無理な解釈で自衛隊を合憲としているのである。9条を改正しようという目的は、まず、自衛隊を憲法上正面から認めようというものだ。

 ところで、9条の下で、現実はどう動いてきたか。自衛、つまり防衛に徹する(専守防衛)ことから、核兵器は認めることが出来ない。核は攻撃用の武器だからである。ここから、非核三原則(作らず・持たず・持ち込まず)の政策がとられてきた。沖縄返還の時、沖縄の「核」が問題になったのは、もし核があるなら、日本復帰により、日本国内に核を「持ち込んでいる」ことになるからである。また、アメリカの軍艦が入港する時も、核を積んでいるなら日本国内への「持ち込み」が非核三原則との関係で問題となる。

 また、専守防衛ということから外国に自衛隊を出さないということが導かれる。イラク派遣は、この点で、国会で激しく議論されている。政府の態度は、戦争の手伝いではなく復興のための援助だとしている。最近自衛隊に関する世論が高まっている。北朝鮮のテポドンと核が脅威と見られ、この点からも、自衛隊の支持が増えている。

 これらの状況を踏まえた上で、9条を改正して自衛隊を、専守防衛という観点から正式に認めるか、このことが今問われている。自衛隊が現在果たしている役割を認めながらも、9条が、日本の戦力拡大に対する歯止めの役割を果たしている事からその改正に反対する意見も根強い。1日の「日記」で触れた群大の学生たちと、この点、話し合ってみたいものだ。私も、9条の改正には慎重論を支持している。

 憲法改正の論点として上がっているものは、この他に次の点がある。①国民の義務や責任についても明確にする、②新しい人権を規定する。例えば、知る権利、環境権、プライバシーの権利などである。③天皇の地位、現在は象徴と規定されているが元首としての地位を明確にすることなどである。

 憲法記念日を、憲法に関心を持つきっかけにしたい。その気でいれば、憲法に関する様々な情報が得られる。そして、それが、私たちの身近な生活と関わっていることに気付く。中学校でも、生きた憲法を、子供たちにしっかりと教えるべきである。(続く)

(実りある憲法記念日である事を願って。読者に感謝)

 

|

« 憲法改正を考える。(2) | トップページ | ゴールデンウィークは憲法だ。憲法改正を考える(4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 憲法改正を考える。(3):

« 憲法改正を考える。(2) | トップページ | ゴールデンウィークは憲法だ。憲法改正を考える(4) »