« 将来の不安に備え、成年後見人制度を知ろう | トップページ | 内視鏡、花見、総会、陣中見舞い(8,9日) »

2006年4月10日 (月)

野放し、自転車の交通違反。規制強化へ

先日、私の車の前に、少年の自転車が飛び出して横切った。ヒヤッとして一瞬ぶつかったかと思った。また、車の接近を全く意に介さず道の中央に自転車を乗り出してくる高齢者をよく見かける。

 自転車は、余りに手軽な交通手段であるためか、交通規則を守らない利用者が非常に多い。自転車には道交法が適用にならないと考えている人もいるようだ。自転車は、道交法の車両(軽車両)なのである。

 県警が昨年一年間に違反者に出した警告は11万件を超え、そのうち半数以上が高校生だった。

 警察庁は、全国に通達を出して自転車の交通違反取締りを強化する。酒酔い運転、信号無視、一時不停止、無灯火等の悪質・危険な違反者は積極的に検挙する方針である。群馬県では、警告に従わなかった二人乗りの高校生が赤切符を切られた例がある(平成14年)。

 自転車盗(窃盗罪)が非常に多いことと、自転車の交通違反が多いことには、関連があるような気がする。それは両者とも、微罪だから大したことはないという意識の下で行なわれると思われる点である。しかし、この「微罪意識」が人々の規範意識一般を麻痺させることとなり犯罪増加につながっているのではないか。

今日の社会が道徳的にも乱れ、金銭万能となり欺し合いのような状態にあることの一因は、社会規範を守るという意識(規範意識)が一般に薄くなっていることにあると思う。それは微罪だから許されるという「甘え」と「黙認」が土壌になっていると思われる。自転車の交通違反を厳しく取り締まることには、このような悪しき土壌を突き崩す意味がある。

「群馬県保健文化賞表彰式」(7日)

 37回表彰式は県庁正庁の間で行なわれた。この賞は、健康福祉、社会福祉、環境衛生の向上発展に尽くした個人又は団体に与えられる。今回は、団体としては財団法人日本ダウン症協会群馬支部が、そして、二名の個人が受賞した。

「真に豊かな社会とは、ハンディのある人々など社会的弱者に光を当てて支えられる社会、そして健全な環境が守られる社会です。そのために行政の責任は大きい訳ですが、行政だけで実現することは不可能です。民間の温かい心と行動が不可欠です。皆様の日頃の御活躍はその意味で誠に大きな意義があります。そして皆様の受賞は、このような社会貢献の活動に参加する多くの人に大きな勇気を与えるに違いありません」私は、県議会を代表してこのように挨拶した。この会の会長は、県医師会名誉会長の家崎智氏。もう一人の来賓は、知事代理の福島金夫理事であった。

(規範が守られる健全な社会を願って。読者に感謝)

|

« 将来の不安に備え、成年後見人制度を知ろう | トップページ | 内視鏡、花見、総会、陣中見舞い(8,9日) »

コメント

いつも楽しく拝見させていただいています。特に、議長さんの障害者に対する思いは、障害を持つ者の家族の一人として、大変勇気づけられます。多忙な毎日で大変でしょうが、これからもお体に気をつけて頑張って下さい。

投稿: 匿名希望 | 2006年4月12日 (水) 08:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143329/9517677

この記事へのトラックバック一覧です: 野放し、自転車の交通違反。規制強化へ:

« 将来の不安に備え、成年後見人制度を知ろう | トップページ | 内視鏡、花見、総会、陣中見舞い(8,9日) »