« ああ、激流の一年が終わる。 | トップページ | 新年祝賀の儀に(1日) »

2006年1月 1日 (日)

県民の皆様、明けましておめでとうございます。

平成18年・2006年のスタートです。今年最初の日記です。今年も多くの人に読んで頂き、共に県政を考えることが出来れば幸いです。話題は時々脱線することでしょうが一服の間(ま)を共有することも楽しみたいと思います。

静かな朝、流れる白い雲を見ていると不思議な気持ちになります。宇宙が小さな一点から始まって膨張し続けて135億年、今なお広がり続ける無限の空間の中のかすかな一点の我が惑星。緑の地球で繰り広げられる人類のドラマ、民族の無益な争い。

歴史を振り返れば、島国の中に閉じこもっていた状態から抜け出して、世界に向けて広がり続けている我が社会です。そして、地球の危機、人類の危機が叫ばれながら、目的地も分からず唯流され続ける私たちの姿。勇気を持って、発想を変えて、現実を直視すれば、真実が見えるのかも知れません。

今年も改革の時代が続きます。改革を進めるために現実を見詰め、勇気を持って大切な一歩を踏み出したいと思います。

人口減少社会に入ったといわれますが、太ってぜい肉がついた社会を体質改善する良い機会なのかもしれません。しかし、そのためには、地方の社会がその特色を発揮して頑張らねばなりません。正に地方の時代が本領を発揮すべき正念場を迎えたと思います。

本県に於いても教育、福祉、治安、食の安全、環境、農業等々、難問が山積しております。これらを解決するためには県民が力を合わせることが必要であり、選挙によって県民と直結する県議会の役割は益々重要になってきました。

私たち議員は、このような時代認識をしっかり持って県民の皆様の負託にこたえて行きたいと思います。そのために議会が決意を示す姿が議会改革の動きです。議会改革検討委員会が中心となって頑張ります。皆様のご健勝をお祈りいたします。

(県政の発展を祈って。読者に感謝)

|

« ああ、激流の一年が終わる。 | トップページ | 新年祝賀の儀に(1日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 県民の皆様、明けましておめでとうございます。:

« ああ、激流の一年が終わる。 | トップページ | 新年祝賀の儀に(1日) »